キャッシングで専業主婦が利用できる平均金額

私が借り入れたキャッシングの金額(女性/30代)

主婦だった私も借り入れできたのがキャッシングの主婦向けサービスでした。利用限度額は30万円で、返済はだいたい3年ほどかけて返すような感覚でした。毎月1万円程度の出費が増えてしまいますが、一度に30万円を支払うほどの余裕もなかったのでサービス自体はとても助かりました。

 

キャッシングを利用するのはその時が初めてでしたが、公的サービスを利用するときくらいの手間で手続きできました。書類を出して印鑑を押すという程度のもので、面接や面談などもありませんでした。ネット上で調べた限り危険なこともないようで、法律が変わってから利用できるようになったサービスのようでした。

 

その分心配だったのは夫の収入でした。十分な稼ぎがないと借り入れできないということと、ネット上で調べていて気になった総量規制という制限に引っかからないのかかなり不安でした。利用者は私で登録されるようだったので、夫の信用情報にも影響はあまりなかったようでキャッシング利用後もそれ以外の自動車ローンに影響はありませんでした。

 

借り入れをしたのは万が一の時のお金があったほうが良い状況があったためで、すぐにでもお金が必要だったわけではありませんでした。それでも、審査は数日で終了し、とても早く済ませてくれました。何日も待っていると忘れてしまうかもしれないと不安でしたが、郵送されてくる通知の非常に早く、非常に感心しました。利用限度額は決して高くはなかったのですが、壊れてしまった冷蔵庫やキッチン収納などを購入するのには十分な金額でした。その時は先に登録していてよかったと思いました。

 

利用限度額内ならばいくらでもOK

返済まで考えた借り入れをしよう

主婦向けのサービスでも、計画性はとても大切です。銀行系のサービスであればカードローンもキャッシングも限度額内は借り入れは何回でもできるという場合がほとんどです。30万円が利用限度額の場合は5万円借入してから1か月目にまた5万円を借り入れても問題ありません。

 

もちろん、返済は必要ですが、約定金額を支払っていれば問題なく借り入れも合わせてできます。さらに、その次の月に10万円借り入れてもまだ借り入れたのは20万円なので、残り10万円は借り入れできることになります。しかし、返済も同時に勧めていかなければいけません。借りた金額が大きくなれば金利も多くかかっているので、返済の負担は大きくなってしまうことを忘れないようにしてください。

 

利用限度額は多くない

主婦向けサービスはどこの会社のものでも法的に束縛されている金額以上にはできません。銀行の裁量次第で多少変化はするようですが、基本的に30万円が利用限度と思っているとよいです。キャッシングとしては十分な金額で、パートしかしていない女性にしてみれば満足できる金額です。

 

主婦向けのサービスでも、パートで働いて稼いでいる場合でも利用できる金額にあまり差がないのは驚きですが、配偶者の収入を当てにしてのものなので、配偶者にすでに借り入れが多くあったり、収入がそもそも少なかったりすれば借り入れはできなくなることもあります。必ず審査に通過できるわけではないので、専業主婦が利用するときには特に注意しましょう。

 

家庭のものを買うくらいはできる

主婦向けのローンは、利用限度額は少ないですが、家具や家電などを手に入れるには十分な金額に設定されています。冷蔵庫や洗濯機など、壊れてしまった時の買い替えでも頼れるサービスです。さすがに、車を購入するのは難しいですが、原付や自転車を購入するのには困らないです。

 

それでも、借りすぎてしまったり、返済を遅らせてしまったりするとすぐに利用できなくなってしまうことも多いので、利用にはかなりの注意が必要です。返済方法にもよりますが、自分自身で振り込んで返済する場合には、カレンダーや手帳にもしっかりと書き込んで予定を覚えておき、ぎりぎりになってからお金が足りなくならないように資金も分けておきましょう。