落としたお金を拾ってもらったと、嬉しく感じて頂きました。

子供を育てている頃に、お金を拾った経験があるのです。
2回転勤先で、一万円札を拾う経験をしました。

 

一度目は、私がごみをだす場所で一万円札を拾いました。
うちの子供が、まだ幼稚園にも行っていない時に、ごみ収集車が全部持ち帰ってないものでした。
子供はその小さな箱を拾い、中身を見てお金と知り恐る恐る私に差し出しました。
親子で驚きましたが、近くの警察署へとすぐに届けました。
持ち主が出てこない為に、お礼の一部金をもらった記憶があります。

 

またやはり転勤先で、家の近くの道路を通っている時に一万円札を拾いました。
拾ったと言うよりも、すれ違う車がおこした風により、飛んできた紙幣でした。
こんな経験は初めてでしたから、また驚きました。
すぐに近くの警察署へと届けましたが、落とし主が出てこない為にお礼の一部金をもらいました。

 

お金を拾う事で、正直に届けた事でお礼のお金を頂きました。

 

またJRの駅の構内で、お金を拾った事があります。
親子で連れ立っていた際の事ですが、見送りに行って構内の売店で封筒に入ったものを拾いました。

 

娘は気づかなかったのですが、母親の私がその置き去りにされた封筒を手にしました。
中をのぞいて見ましたら、数万円となる一万円札が何枚か入っていました。

 

一瞬、親子で目を見つめあいました。
少し悪気もでて、警察へと届けないでおこうか等と言う考えも起こりました。

 

でも落とした人の事を思えば、そんな事は出来ません。
ましてもち主である団体さんの名前までもが、入った封筒だったのです。

 

お年寄りの集まりである、老人会の様にも見受けられました。

 

親子で近くの交番へとすぐに届けました。
もち主は、お金を置き去りにした事に気づき警察に知らせた様です。

 

その数日後には、我が家にお年寄りの集まりのリーダー的な人が車で来られました。

 

私達親子に、三万円ずつの御礼金を下ったのです。
とても恐縮しましたが、受け取って欲しいとの事でした。

 

丁寧なお礼の方法で、私達親子はとても得をした経験をさせてもらいました。
お礼をした側の人は、六万円の損をしてしまったわけです。